2013年08月15日

産後クライシスとは




産後クライシスとは、妻が出産後、夫婦仲が悪くなったり離婚をしてしまうなどのことです。
最近、「産後クライシス」という言葉が話題ですね。
産後クライシスという言葉や、その内容、現象、原因などを知っていれば克服できる事も多いと思います。

産後クライシスは、妻が夫への不満を感じていたり、夫の家事や育児への協力が得られず、
夫に対しての愛情が薄れてしまうことが大きな原因になります。
出産や出産の後、自分はとても大変だったのに、夫は何もしてくれなかったというような不満は、
10年経っても50年経っても心に残ります。

産後は、急激なホルモンの変化によって、妻がイライラしているので、
近づきたくない・・・と感じてしまう夫もいるそう。
また、下手に育児をすれば怒られる・・・という理由から、育児に産科しない夫もいるそうです。

確かに産後はイライラしてしまいがちです。
体や心は大きく変化しますし、自分では気がつかないところにもストレスがあったり、
2・3時間おきの授乳などで寝不足です。
そのような時に、全く父性がないような態度を夫にとられてしまうと、
カチンッときてしまいます。

産後クライシスを乗り越えるために、お互いの愛を確かめ合うというよりも、
お互いに感謝する気持ちを持ってみてはいかがでしょうか。
育児や家事について話し合いをしたり、
積極的に夫にも育児に参加してもらい、
妻が、母親業から解放される時間を少しでも作ってみるのも良いと思います。









posted by kodomosuki at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児に関する用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

産後うつとマタニティブルーの違い



産後うつは、マタニティーブルーとは少し違います。


産後うつの原因は、
出産によって急激な女性ホルモンが変化するため・・・
とも言われています。

マタニティーブルーの場合、
多くが産後直後から始まり、
数日から2週間程度、
出産を終えて退院をし、
ベビーとの新生活を始めるあたりには治っていることが多いものです。

ですが、産後うつの場合は、
退院してから始まることが多いようです。

出産後2週間〜3週間後から産後うつの症状がではじめ、
イライラしたり、食欲がない、わけもなく泣けてくる・・・
などの症状がでます。

マタニティブルーは一過性のことが多いのですが、
産後うつは、心の病気の一つとして長引くことが多く、
酷い場合には、
重症化して自らの命を絶ってしまうこともあるため
周りの人の理解と協力が必要になってきます。








posted by kodomosuki at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産・育児に関する用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。