2014年03月05日

端午の節句の贈り物は誰が何をする?



端午の節句の贈り物は、いろいろありますね。

おひな祭りに比べると、質素なイメージもありますが、
それでも五月人形やこいのぼりなど一式そろえれば、
お雛様以上に費用がかかることもあります。

●端午の節句に飾るもの

端午の節句には、内飾りと外飾りがあります。

・内飾り

五月人形など

・外飾り

こいのぼりなど

この飾りのうち、誰がなにを贈るか・・・というのは、
両家の話し合いのもとで決めるのが一番です。

古くからの慣わしで、決まっていることもありますし、
あらかじめ両家が相談したお金を貰い、
「自分たちで好きなものを買う」ということも多いです。

飾るスペースや、住宅事情(アパート・マンション・一戸建て)によってもいろいろ変わってきます。

たとえば、最近は、五月人形はいらないけれど、
こいのぼりだけは飾りたいという家が多くなっているようです。

以前は、5メートルサイズのこいのぼりが人気でしたが、
最近はアパートやマンションのベランダにも飾ることができる
安全で小さなサイズのものが人気です。

可愛い孫のために・・・と張り切って準備してもらっても、
飾る場所がない、飾れない・・・なんていうのは悲しいですから、
まずは「話し合い」が一番ですね。





posted by kodomosuki at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものお祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。