2014年02月23日

子どもも花粉症になる




子どもも花粉症になります。

以前は、花粉症は大人の病気だったのですが、
年々、子どもが花粉症になる数が増えています。

そしてその増え方も激しく、
5〜9歳の子どもでは14%、10〜19歳では30%以上というように、
大人の花粉症の発症率と代わりがないほ度です。

花粉症といえば「スギ花粉」。

花粉症は、スギ花粉だけが原因ではなく、
他の植物もあるのですが、
特にスギは多いですね。

1〜4月に、多く花粉が飛ぶので、
スギ花粉症の症状が強く出る人が多いです。

花粉症の症状は、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などがあります。

しかし、特に小さな子どもの場合は、
自分で症状を上手く伝えることができませんし、
風邪やインフルエンザなどの感染症が流行る時期でもあるので、
それらの病気と見分けが付かないことがあります。

ですが、子どもの場合も、
花粉症の症状が強ければ、遊びや勉強に影響します。

医師の診断を受け、適切な治療を開始するようにして、
少しでも症状を和らげてあげましょう。









ラベル:子ども 花粉症
posted by kodomosuki at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。