2013年10月10日

インフルエンザ脳症



インフルエンザ脳症とは、インフルエンザによって起きる合併症です。

以前は、インフルエンザ脳症になると命を落としたり、
助かっても後遺症として麻痺などが残るなどしましたが、
最近は、早期発見と迅速な治療により、80%以上が治癒します。

インフルエンザ脳症の症状としては、
意識障害や、意味不明な言動、異常行動、長く続くけいれんなどがあります。

インフルエンザ脳症は、5〜9歳くらいの子供に発病することが多いですが、
4歳以下であっても、10歳以上であっても、
インフルエンザ脳症にかかる可能性はゼロではありません。

子供が熱を出した、インフルエンザに感染したという場合は、
注意して観察し、見守ることが必要です。

特に新型インフルエンザでは、
インフルエンザ脳症にかかる可能性が今までのインフルエンザの3倍になるといわれています。

新型インフルエンザに感染したときは、特に気をつけなければなりません。

解熱剤をむやみに使うと、インフルエンザがより重症化するともいわれています。

医師の指示通りに使うこと、解熱剤により熱が下がっても、
安静を守ることなどに気をつけてあげてください。








posted by kodomosuki at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。