2014年01月29日

いつもより優しいお母さん


子どもたちの間でも、ノロウイルスやインフルエンザが流行していますね。

幼稚園や学校などでも、インフルエンザやノロウイルスの流行が始まり、
お休みの子も増えてきているようです。

自分の子がノロウイルスやインフルエンザになると、
いつもうるさい!と怒ってばかりいるお母さんも、
吐き気や高い熱で苦しむわが子を見て、オロオロしてしまったり、
早く元気になって〜といつもより優しいお母さんになってしまうものです。

でも、そんな「いつとは違うお母さん」、
「いつもよりも優しいお母さん」が子どもにとって一番の薬になるはずです。

お母さんが子どもから病気をもらってしまうこともありますが、
感染予防を万全にして、いつもより優しいお母さんで
子どもの看病をしてあげましょう。

子どもが病気のときは、とにかく子どもから目を離さないことが一番です。

食事の支度などもありますが、だんなさんにも協力してもらって、
元気な人はコンビニなどで済ませるのもアリ!ですよね。

病気の子どもは、いつもとは違う「プリン」や「ゼリー」、「アイスクリーム」など、
子どもが喜ぶ口当たりの良いものを、
優しいお顔でア〜ンしてあげてくださいね。

お腹の調子を見ながらですが、いつもよりも「多め」でもOKだと思います。








posted by kodomosuki at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

水疱瘡(みずぼうそう)



みずぼうそうは、水痘帯状疱疹ウィルスの感染によって起こります。

唾液などの飛沫感染や、
患者との接触感染で感染しますが、
幼稚園や保育園での集団生活の場で大流行します。

感染力が強く、新生児の赤ちゃんにうつる事もあります。

潜伏期間は2週間程。

痒みを伴う発疹が出て、半日ほどで水疱になり3・4日で乾いてかさぶたになります。

発熱は微熱程度の事が多く、
完治するまで1〜2週間ほどかかります。

抗ウィルス薬のゾビラックスが有効な治療薬で、
発症48時間以内に服用する事で症状を軽くする事ができます。

痒み止めや化膿止めの薬を使って治療することもあり、
医師の許可が出るまで自宅で療養します。

水痘生ワクチンは、有料ですが1歳から受けることができます。

ワクチンを打っても多くの子が感染しますが、
発症しても症状が軽く済みますから、接種をオススメします。

水疱瘡は、ワクチンを打っても感染するんですよね・・・^^;。

わが家の子供達も感染しました。

ですが、本当に症状が軽くすみました。

有料なので迷いますが、やはり受けておいたほうが良いですね。






posted by kodomosuki at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。